Page 4 of 5

絶望系漫画の原点にして至高。絶対に読んでほしい

今回紹介する漫画のタイトルは永井豪、『デビルマン』である。

この作品のタイトルを聞いて知らない人はほとんどいないだろう。

アニメの人気などは凄まじいものだったし、最近実写映画化されている。(この映画についてはおすすめはしない)

さて、テレビアニメ版デビルマンのストーリーと言えばどのような話が思い浮かぶだろうか。

主人公『不動明』がダークヒーロー『デビルマン』として変身し人間界を滅ぼそうとする悪い悪魔達を倒す勧善懲悪もの……そんな印象ではないだろうか。

しかし、漫画『デビルマン』はアニメとは全く違うホラー要素の強いストーリーとなっている。

長く語り継がれる『名作』にして『原点』

絶望系と評して語られることの多い作品は多くあるが、この『デビルマン』がなければその作品たちの多くは世に生まれなかったことだろう。

それほどまでに『デビルマン』は多くの漫画や作品に影響を与えたし、ショッキングなものだった。

私がこの作品を読んだのは割と最近のことだが、子ども時代に読まなくて良かったと思った。

この作品をおすすめするが、小さい子どもには少し刺激が強すぎるかもしれないので注意してほしい。

それほどまでにこの『デビルマン』は衝撃的に『人間の物語』を描いている。

作中に見えるエログロさとリアルさもこの作品の大事な要素だ。

『デビルマン』はとてもバイオレンスなシーンが多い。とは言っても漫画でデフォルメされているので極めて不快だというわけではない。

さて、物語中盤において人々は悪魔(作中ではデーモンと呼ばれる)達を恐れるがあまりデーモン狩りを決行する。

これは中世において行われた魔女狩りととても類似しており、モチーフにもなったのだろう。

それはまぁいい、とにかくここの描写がとんでもなくリアルなのだ。

人間が人間をデーモンと疑い、残酷にも疑わしい者を処刑する。

人々を駆り立てる狂気が恐怖としてこちらに伝わってくる。

そして、そのデーモン狩りの結末として『デビルマン』を読んだ多くの人々にトラウマを植え付けたシーンに繋がる。

その問題シーンの見開きを見たときに私は無意識に「えっ」と声が出た。

この作品の肝は壮大な物語の原点とも言うべき濃密なストーリーである。

上で挙げたようにグロテスクなシーンが多いのは事実ではあるが、主人公・不動明や対立する飛鳥了などの観点から優しさや弱い者達の視点が集約されている。

全5巻という短い巻数にまとめられたこの作品は確かに私の心を撃った。

昨今の漫画に見受けられる商業的な意味での引き伸ばしのために入れられるような無駄なストーリーは一切ない。

全5巻からなる『デビルマン』には読後本当に自分は5巻しか読んでいないのか?と思わせるような濃密な物語があった。

今読むと古さを感じるような描写も見受けられるが、それでも色褪せない名作とはこの作品のようなことを言うのだろう。

物語上の表現方法が読者を選ぶかもしれないが、それでもこの今なお多くの漫画に影響を与え続けるこの名作をぜひ読んでほしい。

なんだこの絵は!?その構成力は脱帽の一言『暗殺教室』の前作品

つい最近『暗殺教室』が映画化されて反響を呼んでいたが皆さんはご覧になっただろうか。

『殺せんせー』の見た目が衝撃的(しかも簡素)なので広告などで目にしたことがある人は頭の片隅に残っていると思う。

今回紹介したい漫画は『暗殺教室』で話題の作者・松井優征の『魔人探偵脳噛ネウロ』である。

犯人の顔芸を始めとした独特の絵と物語がすごい

この作品は探偵と名のついているものの推理物の皮を被った単純娯楽漫画と作者が記述しているように、推理に重きは置かれていない。

代わりに犯人を暴き出す理不尽的すぎる特殊な能力であるとか、暴かれた後の犯人の反応に大きな特徴がある。

強烈な個性となんだかちょっとわかるような、いややっぱりわからないような美学を振りかざす作中の犯罪者達には驚かずにはいられない。

また、それが面白くもあるのだ。

一方で絵が雑だとよく言われているが、読み進めるうちにむしろだんだんと癖になってくる絵柄である。

正直に言うと私も絵が最初受け付けなかった。

雑、というか「なんだこれは」そんな感じだったのだが「絵柄など内容の面白さに関係ない」という大事な事に気付かせてくれた作品だった。

そしてもう一度言うが読んでいくと味が出てくる(はず)なので、絵で敬遠はしないでいただきたい。

その独創的で絵画的とも言える絵のおかげでこの作品の雰囲気が出てきているので、良いアクセントだと私は思うようになった。

もっとも背景などを見ると画力はあることはわかるのだが。

単純な物語の内容の面白さで勝負している作品である。

計算され尽くした物語の構成が本当に素晴らしいのだ。

この作品の面白さは、ブラック感溢れるパロディや、所々に挟まれるギャグなどの小ネタにもあるのだが、なんと言っても全体的な物語が面白い。

犯罪者達が犯す殺人事件などの推理はあまり読者にはさせてくれないものの、物語自体を進める細かな伏線が各エピソードに散りばめられている。

それが繋がっていく様には感動すら覚えるほどである。

ここまで練り上げられた完璧なストーリーは本当に珍しいと思う。

薄く引き伸ばされることもなく、詰めすぎて駆け足になることもなく本当に丁度いい塩梅である。

少年漫画は大抵引き伸ばされたり打ち切られたり、とするものだがこの作品は終わるべきところできちんと終わらせることができた数少ない少年漫画かもしれない。

全てのピースがあるべきところに収まるパズルのように緻密に計算されたストーリーは終盤へ向かうほどに加速していく。

そして少年漫画的王道を行く熱い展開などもきちんと抑えていて熱くなれる。

キャラクターの魅力は言わずもがな、主要キャラから上で書いた通り犯罪者達まで個性的で魅力的である。

この作品はぜひとも全巻を通して読んでいただきたい。

読み終えた時に清々しい気持ちを味わえるほどに筋の通ったストーリーとなっていて、本当に味わい深い作品である。

いつでも今日が、一番楽しい日でおなじみの素晴らしい日常作品

いつでも今日が、一番楽しい日でおなじみの素晴らしい日常漫画(よつばと)

いつもいつも難しかったり堅苦しい漫画を読んでいると疲れたりもする。

そんな時にはほのぼのとして、でもどこか独特で、元気よく面白い、そんな漫画が読みたくなる。

『よつばと』(あずまきよひこ)はそんなまさしく雰囲気の作品である。

なにもない、がある日常風景を伸び伸びと描く日常漫画

『よつばと』は表情豊かで元気いっぱいの子どもらしい子ども、「よつば」とその「とーちゃん」と周りの人々の日常を描いた作品である。

よつばは何気ない日常の中にあるふとした新たな発見に目を輝かせる。

そして周りの登場人物もそんなよつばに色々なことを教えたり、一緒になって楽しもうとする。

この作品に登場する人物はみなうらやましいくらいに楽しそうである。

まさにキャッチコピーの通り『いつでも今日が、一番楽しい日』な作品だと思う。

登場人物達の楽しげな雰囲気は、この作品をとても明るくしている。

そして独特な子どもの感性の豊かさを本当に上手く出していて、子どもらしい動きも細かいコマ割りなどで表現されている。

それは作者拘りの『間』や『空気』を生み出していて、それが非常に面白い。

何気ない平凡なことを違う視点から見ることで面白くしたまさに究極の日常系漫画である。

なんと言ってもネガティブな要素が何もないことが良い。

山あり谷ありじゃなきゃ面白くない!という人はいるかもしれないが、私はそんなことはないと思う。

何か大きな事件が起きて、その解決に奔走している間になんやかんや。物語というのは、大抵がそう言ったものである。

たまにはなんの事件も起きず、ただただゆったりとした雰囲気が流れている物語がたまにはあってもいいはずである。

そこでは誰もが楽しそうにしていて、何か暗い気持ちになる出来事なんて起こらない、平凡だけれど幸せだ。

そんな生活の中で登場人物達が何を思うのか、よつばが何を感じたのかということを繊細に描いている。

そしてよつばの変わった言い回しだったり、他の登場人物の反応に思わずクスりとさせられる。

作中の雰囲気がなんともほのぼのしているのが癒されポイントである。

平凡故にリアリティがある日常風景なのだが、どこか絵本を読んでいるような気にさせられる、不思議な雰囲気もこの作品の魅力である。

ここまでほのぼのとさせられる作品は他にないんじゃないだろうか。

とーちゃんのよつばに対する普段は割といい加減だけれど、ちゃんとケジメのついた教えだとか。

周りの大人達も子ども相手だから子どもの目線になって接しているけれど、たまに少しいじわるするだとか。

よつばがどこで覚えてきたのかわからない言葉を使って得意げになるだとか。

色々な細かな点にも不思議な雰囲気が合わさって、清涼感のある面白さを感じる。

ただふわふわと流れていく日常の雰囲気がとても愛おしい漫画である。

この独特な雰囲気、世界観はなんとも説明が難しいが、読んでみてもらうとすぐに感じ取れると思う。

そして、この雰囲気はとても癒される、疲れていて癒されたい時なんかにも。

男女共に万人にこの作品をおすすめしたい。

日本の戦国時代を数寄という斬新な切り口から見た作品

日本の歴史と言えば戦国時代が有名である。

数々の名武将達の活躍や生き様が様々な作品として世に出ていることは何も今に始まったことではない。

戦乱の時代の様子、その知略を持って敵を攻め落とす、といったそんな合戦の様子をありありと描いては多くのメディアを通じて姿を変え、趣向を変え、

今でも多くの作品が戦国時代の様子を伝えている。

歴史とは大変面白いものである。そんな歴史の面白さを少し今までとは違った角度から示した歴史漫画を紹介したい。

それが講談社刊『モーニング』にて現在連載中である山田芳裕の『へうげもの』だ。

君は物のために死ねるか?物の価値を描く

『へうげもの』の舞台は戦国時代、かの有名な織田信長や豊臣秀吉に仕えた戦国武将・古田織部を主人公としている。

連載時のあらすじでは「これは『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である」と紹介される。

そう、この『へうげもの』では茶道、茶器、美術といった『美』や『数寄』といったものに焦点があてられている。

それらを視点の中心として見た作者の時代の解釈や武将達の生き様などをわかりやすく、また時にはおもしろおかしく描いているのだ。

多くのこの戦国時代をテーマにした作品では『武』の強さを強調して描かれることが多い。

そのことを踏まえると『へうげもの』は少し特異な作品であると言える。

戦国時代の動乱の中、『美』を追い求める数寄者達は『美』を扱う文化・芸術について武人同様、命を懸けて望む様がありありと描かれている。

戦国時代は戦だけではないと言わんばかりに文化に目を向けた作品なのである。

「君は物のために死ねるか?」このフレーズは『へうげもの』の作中第一話のタイトルである。

このタイトルに私は心が響いた。

私には残念ながら美的感覚というのはないに等しい。

芸術的なセンスなんてないイモ野郎であるため、どんな物よりは自分の命の方が大切である。

しかしながら、この漫画の中の登場人物達とこの作品で描かれている時代背景からなる「物」の価値をたった一文で示すこのフレーズは実に的を得ている。

武人であるにも関わらず生粋の数寄者である主人公・古田織部は様々な場面で葛藤する。

その生き様に苦悩し悩む、それはもう悩む。時には少し卑しいような、そんな考えも企てる。

それでもとても人間味溢れ描かれている。

そしてそれは主人公・古田織部だけではなく、多くの登場人物はみなそれぞれの崇高な価値観を持っている。

だからこそ魅力的に映える。

織田信長など有名な武将は多くの作品で姿を変え、性格なども変わるがこの作品ほど格好のいい織田信長は見たことがなかった。

コミカルであり、また時には重厚感のあるシリアスな表現は純粋に胸を打つ。

歴史漫画ということで堅苦しいイメージや手を出しても理解できないのでは、ということを思う人がいるかもしれない。

しかし、そんなことはなく基本的にはコミカルで、わかりやすい。

とても理解しやすく、自然に頭に入ってくる。

また歴史に教養がある人でも史実に沿って、そしてまた多く語られる新説などを創作としてうまく盛り込んでいるので楽しめることは間違いない。


簡単に借りれるカードローン、でも返済は長い道のり…しっかり完済出来たら、アナタも一人前!
(参考記事→http://ninnkinacardloan.com/repayment2/