Page 3 of 5

死ぬことと生きることを深く考えさせられる作品

『自殺島』(森恒二)

最初はそのタイトルからホラーかな?と思ったが読んでみると違った。

じゃあ、暗い話かというと確かに序盤ではそうなのだけども、根本的には違った。

なんというか、とても前向きで生きる気力が湧いてくる。そんな作品だった。

『ホーリーランド』で有名な森恒二が送るサバイバルヒューマンドラマである。

数多くのサバイバルの知恵が登場する本格派!!

簡単なあらすじを先に紹介させていただきたい。

この物語は主人公を含め、自殺未遂で死にきれなかった人々がとある島に送られるところから始まる。

そこは通称・自殺島と呼ばれる島。

送られた多くの人々が絶望と葛藤の中、死を選ぶが、主人公・セイは生きることを選択する。

しかし、生きるとは言ってもその島はインフラ設備などもない元は無人の島である。

生きる為に必要なものをどう調達するのか?

そういったサバイバル術がこの作品では数多くでてくる。

そのサバイバル術の多くは作者の実体験などと共に書かれており、とても現実的で知識的である。

人が生きる為に絶対必要である水の確保の仕方から、食糧の調達方法、動物の狩り方など、とても野性味溢れる内容だ。

今後の人生で私はその知識を使うことがないように願うものの、とてもためになる。

特に動物の追い方や、狩り方にとても力を入れて書いており、はらはらする。

よくよく考えれば動物を狩るなどとても難しいものであるはずだ。

それも猟銃だとかそんな便利な物はないわけである。

そういった不便さや動物の危険への敏感さなど、リアリティがあり、単純にすごく感心できる。

そして動物を食べるために殺す、ということについても重きを置いていて考えさせられる。

生きるために必要なことから、生きるとはどういうことなのかを描き出している。

ただ生きることを放棄した人々。

死ぬことを考え、生きることを一度は放棄したけれど、極限状態の中でも生きようと立ち上がるする人々。

そんな複雑な人間の葛藤をとても良く表現しているもののそこにじめっとした暗さは感じない。

そして秩序のない島という閉鎖された空間で人々はどういった社会を築くのか?というドラマ性。

複雑化した現代社会を離れ、ただ生きるために食糧を集め、寝床を確保して毎日を生き抜くというシンプルな生活。

もし食糧がなければ餓死する、という簡素だが絶対的な現実。

そこには現代社会のような複雑化した選択肢などはなく、ただ何もせずにいれば死ぬだけである。

そういった極限状態の中で人々は生きることに対して強い意志を持って生きようとする。

むしろ、極限状態だからこそ、人は生きようとする。

生きることは美しいと作者はこの作品を通じて、力強く言っている気さえする。

絶望に暮れず、生きることに対して前向きに成長していく登場人物を見ているとこっちも生きる気力が湧いてくる。

暗い気持ちになっている人に読んで欲しい、きっと元気が出てくるはずだ。

農業高校を通じて青年達の成長を描いた青春作品

今回紹介するのは大人気作『鋼の錬金術師』で有名な荒川弘の『銀の匙 Silver Spoon』である。

この作品を読むと牧場見学などに行きたくなる。

2012年のマンガ大賞にも選ばれており、この作品の影響で作中のモデルになった農業高校への志望者が急増したことが知られている。

マンガ大賞以外にも多くの賞を受賞していることからこの漫画の知名度の高さと完成度の高さがうかがえる。

酪農や農業という重要なテーマ性を描いた名作

この物語は主人公達が北海道の農業高校に通い、そこで酪農や農業を通じて成長していく様を描いた作品である。

作者は北海道の酪農家の生まれで、作中のモデルとした農業高校の卒業生であるため、作者自身の経験が多く反映されている。

そのため、酪農や農業のしくみなどが良く出てくるのだが、正確で、全くわからなくてもわかりやすく解説されている。

主人公は酪農や農業をしたことがないサラリーマン家庭という設定で、主人公目線で読者も読み進められるので、感心させられることが多い。

家畜の命について考えさせられるようなシーンは胸を打つ。

少年漫画としては少々重いテーマであるが、食べることについて、家畜の命の扱いについてという大事なテーマに触れている。

現代社会で当然のように肉などは精肉として加工され売られているが、それは農家の方々が届けてくれているからである。

そういった普段は忘れがちであるが大切な事を思い出させてくれる漫画だ。

ただし決して説教臭さは感じさせず、主人公の葛藤などを通してそれは語られる。

そしてそこに色々な疑問や発見を持ってして主人公は成長していく、ドキュメンタリー的に楽しめる作品でもある。

絵がとても爽やかで読みやすいこともいい。

主人公達の農業高校での学校生活を描いているが、とても作風は爽やかなのが特徴である。

出てくる登場人物達もみんな、個性が強く魅力的であるが、共通して言えることは誰もがとても爽やかであることだ。

酪農や農業への考え方、そして自身の将来への考え方など、学生時代に悩みは尽きないものである。

それらをテーマにしているが、決して暗くじめじめと描かれてはいない。

時にはシリアスに悩むこともあるが、学生時代の悩みにはえてして絶対の答えなどはないものである。

自問自答を繰り返し、人に頼り、自分なりの答えを探して成長していく青春の様は読んでいてさっぱりさせてくれる。

あとこれは私的にかなり重要なことなのであるが、出てくる食べ物がとってもおいしそうだ。

私は漫画内に出てくるおいしそうな食べ物や料理を見るのが好きだからである。

主人公が卵かけごはんを食べるシーンがある。

校内の鶏が生みたての卵を使う以外ただの卵かけごはんであるが、とてもおいしそうなのだ。

他にもピザを焼く話があるのだが、全てが自然由来の調達したての食材達。なんともおいしそうである。

なんというか説得力のある「おいしそう」なのだ。

酪農の大変な面、それと同時に酪農の良い面の両方をきちんと描き出していて、酪農や自然、人についても考えさせられる作品だ。

壊れた日常を人々はどう生きるのか、ヒーローになりたい人へ

私はパニック映画が苦手である。具体的に言うとゾンビが出てくる例のアレである。そのゲームもかなり苦手だ。

その理由はいきなり飛び出てびっくりするからである。(そこが楽しいのでは?)

そういうわけで今回紹介したいのはゾンビがでてくる『アイアムアヒーロー』(花沢健吾)だ。

リアルでしかもめちゃくちゃ怖いパニック漫画

主人公・鈴木秀雄は元漫画家で現在はアシスタントをしながらなんとか生活しているさえない青年。

人間関係も仕事もうまくいかず、夜になれば誰かが忍び寄ってくるような妄想に囚われて眠れない夜を過ごしていた。

一方で世間で増えていく噛みつき事件、不穏な空気は彼の生活の元にまでやってきていた。というものである。

序盤で少し不安感を煽るような日常を描いてそれぞれのキャラをきちんと見せておきながらの、その日常のゆっくりとした崩壊。

その日常を徐々に崩壊していく様の描き方はとても鮮明である。

さらに主人公は特に特筆できることのない、平凡な人間。

多くの作品での『主人公』というのはその物語を進めるにあたってリーダーシップに溢れているとか、明確な意志を持っていたりするわけであるが、

この作品の主人公・鈴木秀雄はまさに平凡で、人に頼りっぱなしで、多くの人間の代表みたいな感じで人間臭さに溢れている。

そこに決して浅くない現実的なリアリティを感じる。

そしてゾンビ達の出現によりパニックになる人々。

確かに日本でこんな事件が起きてもあんまり誰も騒いだりしないんだろうなぁ。と思わせられた。

恐怖を煽るリアルな描写に加え、描写方法がかなり多彩。

その高い画力からの恐怖を煽る数多くの演出は本当に絶望感を出していて作品にいい具合に不穏な雰囲気を醸し出させている。

魅せ方がとんでもなく上手いし怖いので、見開きを開く時に少し身構える。

何と言っても生々しいリアルさがすごいのでグロテスク表現が苦手な人は注意が必要かもしれないほどだ。

そこが注目して欲しいポイントでもあるのだが……。

さらに全く先の見えない展開でドキドキさせられる。

ゾンビパニック物と言えばやはり外国ではお盛んである。

そしてそういう作品の主人公と言えば突如やってきた非日常も持ち前のポジティブさで目的を作って、集団を作ったりしてやり切る。

それも王道的で面白いのだが、この作品は主人公が上で書いた通り平凡である上にネガティブ思考である。

そのため、先が全く見えないのである。

とにかく逃げて、その先はどうしよう。という手探り感。

確かにこんなことが起きたらこの先どうするかなんて明確に決められる人間はいないと思うが……。

この作品の主人公は非常にダメ人間っぽく描かれているので本当に先が読めずにはらはらする。

そんな人間臭さやこの異様にリアリティのあるけれど、おかしくなってしまった非日常な世界観に惹かれること間違いない作品だ。

最強の格闘技とは何か?男のロマンを詰め込んだ作品

近頃の地上波のテレビでは格闘技などあまり見なくなりましたね。

もう大晦日でK-1を見るくらいでしょうか、昔はもっとボクシングの試合や総合格闘技などやっていたと思うのですが。

実際に格闘技をやっていなくても見ているとその熱気にロマンを感じざるを得ませんよね。

そういった欲を満たしてくれる格闘漫画は多いですが今回紹介したいのが木多康昭の『喧嘩商売』そして続編にあたる『喧嘩稼業』です。

この作品ともなっているフレーズが最高にかっこいい

この漫画で各エピソードの冒頭部分で多く使われるフレーズがあるのですが、まずそれを紹介させていただきます。。

「最強の格闘技は何か!?多種ある格闘技がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の格闘技は何か!?今現在 最強の格闘技は決まってない」

このフレーズはこの漫画のメインテーマにもなっているのですが、冒頭のエピソードと相まってめちゃくちゃかっこいいです。

喧嘩商売の作品構成と簡単なあらすじなのですが、

この作品はメインのシリアスな格闘パートと木多節溢れる中々ドぎついギャグパートによって構成されています。

そのギャグパートは過激な下ネタやパロディ、作者本人の身近な人物の暴露ネタ……などなかなかぶっ飛んでいます。

なかなか突き抜けているだけに読者を選ぶ内容です。

苦手な人は苦手かもしれないし、シリアスパートのちょうどいい辺りでギャグパートをぶっこんでくるので間延びするじゃないか、なんて声もよく聞きますね。

私はギャグパートも好きですが、もしギャグが合わないなぁと感じてもとにかく本編は読んでほしいのです。

さて、本編及びこの作品は主人公である佐藤十兵衛が格闘技を極める話なのですが、

それと共に最強の格闘技は何か?をテーマに様々なボクサー、柔道家、プロレスラー、合気道、相撲などなど

格闘家達がルール無しの『喧嘩』をしたのならば何が最強なのか、という物語であります。

そしてそんな最強を目指す登場人物が個性的すぎるのです。

まず主人公の佐藤十兵衛ですが、正々堂々なんて言葉はありません、主人公ですが間違いなく悪人。

頭の回転が早くて、性格も悪いのですがどこか憎めない、そんなキャラクターです。

彼は喧嘩をする際には必ず策を用いて闘うのですが、その闘い方がとても面白い。

時には主人公らしからぬ卑怯な手も使いますが、そこはまさしく『喧嘩』で勝つためならばなんでもありを地でいきます。

この漫画の格闘部分の多くを心理的な駆け引きや知能戦が占めているのですが、そこが単純な力比べなどを避けていて読んでいて感心します。

そしてその相手となる登場人物達もまた、暴露話なんてするような毒のある(良い意味でですよ)作者のためかそれぞれ個性的で魅力的です。

痛みを快感に変え殴られると興奮するボクサー、石橋強

勝つためならどんな汚い手も使う柔道家、金田保

ビルから落ちても耐える耐久性と最強の握力を持つ、工藤優作

などなど個性と毒と魅力に溢れるキャラクターが多く登場します。

またこの作品の作風の大きな特徴は写実的な絵柄とデジタル化。そのために大胆なコマ割りと相まって躍動感がすごいです。

その躍動感溢れる格闘シーンは迫力がダイナミックに伝わってきます。

写実的でいてそれでいてとても動きのある絵とこのあとどうなるんだろうという喧嘩の駆け引き。

魅力溢れる絵柄、登場人物、テーマ!面白くないわけがないです。