Page 2 of 5

思春期の頃に感じた無力感を繊細に描く、2015年漫画大賞作品

今回紹介したい作品は『空が灰色だから』などで有名な阿部共実さんの『ちーちゃんはちょっと足りない』という漫画だ。

さて、私が『ちーちゃんはちょっと足りない』を手に取ったのはこの作品が「このマンガがすごい!」では2015年オンナ編1位であったことが理由である。

なんとなしにこの作品を読み始めたわけだが、読後、私は予想しなかった強烈な印象が残った。

そのため今回は紹介というよりもこの作品を読んだ私の感想に近いところがあるのを留意して欲しい。

この作品を読んだ人は私と同じように色々な感想を持ったことだろうと思う。

単巻のため、読もうと思ったらすぐに読めるはずだ、絶対に読んでみてほしい。

クオリティが高すぎる単巻漫画

中学2年生になるちーちゃんは同学年の子達に比べるとどこか足りない女の子で、その友人との日常を綴った物語である。

最初はちーちゃんのおバカっぷりが微笑ましいほわほわとした日常が描かれているのだが、この物語の主人公はちーちゃんではなかった。

ちーちゃんといつも三人組でナツと旭という友人がいるのだが、このナツこそがこの物語の真の主人公だった。

そしてこの作品は誰もが持っている『足りない』を描いていたものだったのだ。

私は読み始めてすぐにはちーちゃんは頭が足りていないのだろうな、という楽観的な、そんな印象しか受けなかった。

実際に物語が動き出す5話目まではほのぼのとしたちーちゃんのギャク的要素が主となっていたのだが、だからこそ物語の終盤に重く突き刺さった。

ちーちゃんは『足りない』を持っている少女として描かれている。

頭は良くないし、勉強もできない、倫理観も欠如しており、良いこと悪いことの分別もない。

そして友人のナツも『足りない』を多く持った少女である。

ちーちゃんと同じ団地住まいで裕福ではなく、勉強もできないし、彼氏もいない。

『足りない』から満たされない思いを持っているし、何かが欲しいと思っている。

一方で旭は比較的に色々な物を持っているように描かれている、家も裕福で、勉強ができ、彼氏もいる。

そんな対照的な旭や周りの人間にナツは劣等感を持っている。

中学生などのそれくらいの時期というのは自分が通う学校が社会の縮図である。

誰しもが学校の中での地位や友人や親がこの世界の全て、とは言わないもののそれに近く感じるような、そんな経験をしているのではないだろうか?

だからこそ閉塞的でネガティブな思いを持つナツという登場人物にすごく私は感情移入ができた。

かわいらしくデフォルメされたキャラクター達ではあるが、この作品には現実のようなリアルさがまじまじと感じられるのだ。

この作品は何も突飛な日常を描いたわけではない。

例えば、ナツが持っている卑屈さや劣等感は今もきっと私も持っている。

いや、それどころか多くの人が持っているものだと思う。

多くの人が境遇こそ違えど『ナツ』の気持ちを理解できるはずである。

作品の所々に『わかるなぁ』が散りばめられており、皆が持っている『足りない』についてこの作品は言及している。

そして『足りない』に対する私たちの対処方法についても作者はこの作品の中学生たちを通じて作者自身の答えを出している。

この漫画を読み終えて受けた印象はとても言葉では言い表しづらいものだった。
面白い、面白くないという言葉では言い表すことができない、そんな感じだ。

ただただ、私はすごいと思った。考えさせられ、とてつもないやるせなさが私を襲った。

おすすめしておいてなんなのだが万人におすすめしていいような漫画でもないかもしれない。

特に今元気がない人はもしかすると読まない方がいいかもしれない。

でもそんな風にも思う一方でぜひとも読んでみて欲しいという気持ちが強くあるのだ。

ぜひ多くの人に読んでもらって感想を聞きたい。そんな漫画である。

極力ネタバレをしないように注意してこの記事を書き上げたために少しわかりにくかったかもしれないが、その目で確かめて欲しい。

もし読み終えたなら、冒頭で少し触れたが同作者の『空が灰色だから』もおすすめする。

作者の頭はどうなっているのか?ムチャだらけの不条理ギャグ漫画

何も考えずにただただギャグ漫画で笑いたいって時にぴったりな漫画を紹介したい。

そしてギャグ漫画を読んでいるとギャグの内容がぶっ飛びすぎていて作者様の頭の中を見てみたくなることがある。

「どうやったらこんなの思いつくんだ」と言った単純な好奇心であったり、「この人狂っているんじゃないだろうか」と心配になったりもする。

今回紹介したいのもそんな漫画だ。

『+チック姉さん』(プラスチック姉さん)栗井茶による今なおヤングガンガンで連載中の漫画である。

登場人物がほぼ全員狂っているという狂気溢れる漫画

狂っているという表現はあまり適当ではないかもしれない。

何にしろまともではない。

この作品の主人公はその名の通り『姉さん』であるのだが、その姉さんを中心に主に話の中心となる女子生徒3人は模型部に所属している。

そして、姉さんを含めその3人は頭にプラモデルを乗せている。

姉さんは城、オカッパと呼ばれる女の子は電車の、マキマキと呼ばれる女の子は戦車のプラモデルを頭に乗せている。

だがしかし、そのプラモデルを頭に乗せていることについての説明は一切ない。

さらに言えばそのプラモデルには中に時折、小人がいる(住んでいる?)しかし、これについての説明も一切ない。

頭にプラモデルを乗せている時点でそもそも主要人物達がまともではないことがわかっていただけると思う。

姉さんに関してはとにかくウザい、そのウザさが面白いのだが、主人公からしてこんなにウザいキャラクターを私は他で見たことがない。

この3人以外にも個性豊かすぎるキャラクターが数多く登場するのだが、まともなキャラクターはほんの一握りである。

そして登場人物達はとてもかわいらしいのだが……。

実にかわいらしい絵柄なのだ。だがそのかわいらしさとキャラクター達の内面性の酷さが非常にミスマッチしている。

非常にかわいらしい一方で頭がオカシイというのがまた面白い。

例えば、よく話題になるのが『美しさの人』と呼ばれる女子生徒や『国木』という男子生徒である。

特に『美しさの人』回は人気があり、私も大好きだ。

何故なら登場するだけで不思議と笑えるからだ。

『美しさの人』は名前の通り美しさを極めているのだが実際にはぽっちゃりして膨らんでいる顔で美しくない。

それでも自分を最高に美しいと思い込んでいるので、姉さんを挑発したりする。

他にも

マンションのベランダで一人で赤ちゃんになりきっているおじさんやムチャをすることが生きがいのおじさん。
なぜか木の幹に住んでいるおじさん、パワータイプの市長(パワータイプの市長ってなんだよ)などなど。
そんな数多くの狂った個性が強烈なキャラクター達でこの漫画は溢れている。

決して説明されることのない不条理

そしてその狂った行動群にツッコミを入れるキャラクターが少ないためツッコミがあまり挟まれない。

ギャグが連発されまくりで手が付けられないことになっているのに最後には不思議なことにストン、と収まり綺麗に終わる。

ノリと勢いが半端ではないしそこに作者は情熱を燃やしているのがわかる。

何度でも言うがこの作品にはまともな登場人物がいない。

だからこそ生まれる不条理な数多くの渾身のギャグを確かめて欲しい。

歴史に少し詳しくなる?11世紀に生きたヴァイキング達の物語

歴史物漫画というのは読んでいるとその時代の価値観と現代の価値観の違いなどが描かれていてその違いがとても面白い。

今回紹介する『ヴィンランド・サガ』(幸村誠)は11世紀初頭、当時世界で暴れまわっていたヴァイキング達を描く歴史漫画である。

史実をもとにしたフィクション!歴史は面白い!

この作品は史実に沿い、実在した登場人物達が多く登場するが、作品を面白くするため脚色が加えられている。

だが、それでも実際の人物を描くことでこの作品に歴史漫画としての重みを落としている。

そして、その時代の人々とその生き様をヴァイキングの視点から描き出している。

ヴァイキングという言葉は中々聞きなれない言葉ではあるが、それでも不思議とうまく物語は理解できる。

王室、貴族、平民、奴隷、そしてヴァイキング、それぞれの生活での苦しみや考えをごちゃごちゃさせずうまく描き出している点は流石としか言いようがない。

時には明るい部分だけではなく、負の側面をきちんと描き出しているが、それもまたリアリティがある。

だが決して重く暗いだけでなく、男らしいヴァイキング達の生き様にはスカッと爽快感を覚えるはずである。

特徴は圧倒的な画力!キャラクターにメリハリがあってしかも丁寧だ。

歴史漫画というのは登場人物がどうしても多くなりがちである。そして、なんとも実に覚えづらいものである。

だがこの作品はその高い画力でメリハリのついた丁寧な描き分けでわかりやすい。

そしてその高い画力で描かれる戦争などの戦闘シーンの迫力も凄まじい。

登場するキャラクターたちは絵の上手さとコマ割りの上手さが相まって躍動感溢れる動きを描き出している。

背景に至っても実に丁寧に描かれており、少し哀愁を漂わせる雰囲気は本当に素晴らしいものである。

緻密で重厚感のある描き込みはこの作品の魅力のひとつだ。その重厚感はこの物語にさらに深みを与えているのである。

圧倒的な男臭さ!でもそこがいい

さて、この作品の登場人物達は大変男臭い。

お世辞にも小奇麗とは言えず、野蛮で、単純で、なんとも暑苦しいのであるが、そこがまたいいのである。

男ならば間違いなく熱くなれるはずである。

ただし、凄惨を極めるシーンや、現代でいう倫理観に欠けたシーンなども多く登場するのだが、それはこの作品の時代背景を如実に表していると言える。

非常に作品内の人の生死が軽い点などは現代社会に生きる私達からすれば驚きであるが、

それでもこの作品の登場人物は明確な目的を持って生きている。そこがある種の清々しさを生み出している。

練りに練られたテーマ、登場人物、時代背景とすべてのものが相まって格好いい作品である。

カッコイイというより格好いいという言葉が相応しい。そんな作品である。

現在もまだ連載中であるのでこの機会に読み進めてみて欲しい。

暑くなる季節にぴったり!背筋が凍るようなホラー

暑い季節になるとレンタルビデオ店ではホラー特集が組まれたり、テレビ番組では心霊関係のホラー番組が多くみられるようになる。

やはりホラーは涼しくなっていい、背筋が冷えるので冷房もクーラーじゃなくて扇風機で事足りるようになる。

というわけで、地球にも優しい(かもしれない)ホラー漫画を紹介したい。

紹介するのは中山昌亮の『不安の種』と『不安の種+』である。

不安の種を植え付けられる超絶ホラー漫画

そもそもホラー漫画というのは結構貴重な漫画である。

よく語られる怖い話だとかはオチが怖いことが多いわけであってそれを漫画として表現しようとすると短編集ということになる。

『ホラーっぽい雰囲気の漫画』というのは少なくないが『ホラーに焦点を当てた漫画』が少ないのはなんとなくご理解いただけるのではないだろうか。

『不安の種』及び『不安の種+』は本当に恐怖にパラメーターを全振りしたような漫画なのでホラーが苦手な人は注意して欲しい。

興味がある方は画像検索だけでもしてみて欲しい、痺れるはずだ。

さて、こちらの『不安の種』だが簡単に言うと何気ない日常に潜む恐怖の短編集である。

登場人物達が普段通り何気ない日常を過ごしていると理不尽にも襲い掛かる、

またはただそこにある恐怖という点で多くのエピソードが共通しているが、まずはその理不尽さに恐怖を覚える。

しかも、なんだか不安になってくる。そういった類の恐怖の煽り方である。

そして怖い話に付きものなのが『得体のしれない者』である。

時には幽霊だったり、妖怪だったりとするわけだが、そんなクリーチャー的なもののデザインが秀逸である。

どう秀逸かと言うと生理的に怖いのだ。

よく心霊写真などで見かけられる「人の顔が写ってるから怖い」とかそんなのじゃなく、人っぽいもの(時には何かわからない)のデザインがただただ、怖いのだ。

タイトルに不安の種とある通り、実にこちらに不安の種を芽生えさせてくれるデザインだ。

各エピソードの最後に(もちろん漫画のエピソードのため架空の話ではあるのだが)そのエピソードの舞台となった場所や時期が明記されるのである。

それがまた少し各エピソードにリアリティを生み出してまたゾクッとさせてくれる。

この作品の有名なフレーズに「場所は伏す」というものがあるが、それもまた怖さを煽ってくる。

なんだか、「これは実際にあったことなんじゃないか……?」「今もどこかで……?」という風に思えてくる。

そしてほとんどのエピソードは未解決で終わる。

俗にいう投げっぱなしというわけだが、良い悪いは別として、その後どうなったのかは読者の想像に任せる。

というこの形式は良い具合に恐怖を刺激してくれる。

夏になって怪談などを読んだり聞いたりしての納涼代わりにぜひともお供として欲しい漫画ということで紹介した。

だが、本当に怖いので夜中に思い出して、寝れなくなったという苦情は寄せないようご注意いただきたい。